AGA治療 皮膚科学会 ガイドライン

スポンサーリンク

日本皮膚科学会がAGA治療ガイドラインを公表しております。https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

結論をいうと、このガイドラインでAランク以外は

AGAに効くという、医学的根拠が無いということになります。

自毛植毛は確かに生えてきますが(特に生え際には効果大)

執刀医の腕に左右されますから、医師選びが重要です。

私は経験者ですが、

仕事を何日か休まないといけないし、気軽に受けるものではありませんね。

C1にランクされている、塩化カルプロニウムとケトコナゾールは、

私も使用経験がありますが、

どちらもお勧めはできないですね。

ケトコナゾールシャンプーは、AGAの原因物質を抑える作用があるいわれており、

ミノキシジル(リアップ)2パーセントと同等の効果があったという海外の論文があるそうです。

個人的にプロペシアを飲んでる人には、メリットより、デメリット(頭皮環境の悪化)の方が大きいように思います。

皮脂を取りすぎて、皮脂が増えたし、

抗真菌薬なので、頭皮に必要な菌まで殺菌してしまいそうです。(思い込みですが)

私は皮膚科学会のガイドライン作成委員の2人の医師の診察を受けましたが、

お二人とも、町医者と大差ないという印象でした。

特別な治療はしていません。

薬を処方するだけの内科医的な感じですからね

AGA治療の医師は。

コメント

タイトルとURLをコピーしました