ザガーロ 副作用 まとめ(4か月半服用)

ザガーロ
スポンサーリンク

デュタステリド(ザガーロ)の服用を開始して約4か月半

これから服用を考えてる方もいると思うので、

私に現れた副作用を簡単にまとめたいと思います。

はじめに、私はデュタステリドを服用する前に、フィナステリドを14年間服用していたので、
これからAGA治療を始めて始める方よりは副作用の現れ方が異なる可能性があります。

フィナステリドで身体がAGA治療薬に耐性ができていれば、
副作用が出にくい可能性もありますからね。

個人的にはいきなりザガーロから服用を始めると
身体に負担が大きいと思っています。

なので、初めてAGA治療を始める人は、
フィナステリドから始めることを強くお勧めします!
それも、個人輸入で手に入れる海外のフィナステリドではなく、
国内の医療機関を受診して、医師が処方するフィナステリドです。

今のご時世、個人輸入で長期服用することが前提のAGA治療薬を入手するという選択は費用対効果が悪いと思います。

私に現れた副作用

スポンサーリンク

デュタステリドの副作用で性欲減退?

服用 1か月目 なんとなく性欲が減退したような気がしました。
特に初めてザガーロを服用した翌日、朝だちしませんでした。
これはフィナステリドを服用したときも現れましたから、
おそらく心理的な影響によるものだと思います。

服用前にネットなどで、男性機能が低下する可能性がある、
とい副作用報告を沢山見ていましたからね。

プラシーボ効果みたいなものだと思っています。

デュタステリド、フィナステリドともに、この朝立ちしなかったのは
服用開始の翌日だけだったように記憶してます。

デュタステイドの副作用で鬱症状?

服用2か月目~3か月目、なんとなく気持ちが沈む症状が現れました。
鬱的な感じで、なんとなく生きる気力が無くなりかけていました。
この時期に生活環境が変わったとか、心配ごとができたわけではないので、
これはデュタステリドの副作用なのかもしれません。
ちなみにフィナステリドを14年間服用していた時期には、
このような症状が現れたことは1度もありませんでした。

あと、この時期も性欲減退はなんとなくあるような気がしました。

デュタステリドの副作用が消失

4か月目~現在(2020年12月下旬)

性欲は服用前かそれ以上に戻り、鬱症状、気持ちの落ち込みが消失しました。
この時期、凄くショッキングなことが起きて、精神的にツライのですが、鬱症状は出ていません。
なので、2か月目~3ヵ月目に起きた鬱症状が薬による一時的な副作用だったのでは?と思っています。
身体のホルモンバランスが崩れたのか、原因などは不明ですが・・・。

海外ではフィナステリドで若者の自殺率が増えたというネット記事もあります。

AGA治療薬が精神状態に作用してしまう可能性はあるのかもしれませんね。
確率的には僅かだだとおもいますが。
だからこそ、病院で医師の診察を受けて処方されるべきだと思います。

AGAがテレビ電話診療で全国受診

結論、現時点で継続してる副作用はないので、ザガーロ(デュタステリド)の服用を続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました