植毛手術 ドナー傷と医師選びについて

植毛
スポンサーリンク

私は13年程前に自毛植毛手術を受けました。

当時の私は27歳

プロペシアを飲みだして1年弱の頃。

プロペシアを飲んでたいたものの、AGAによりM字の部分が若干後退していました。

サイドのヘアラインも後退していて、

この部分はプロペシアで発毛は難しいと思い植毛を選択しました。

本当はM字+生え際を1センチ弱、下げたかったのですが、

予算的な部分と植毛手術に恐怖と不安を感じてたので、
700本くらいと控えめな植毛手術にしました。

植毛手術の何が不安だったかというと、

ドナー傷です。

ご存知のとおり、自毛植毛手術は、AGAの影響を受けない後頭部の髪を

AGAによりハゲた部分に植え替える手術です。

後頭部の毛を採取する際、目立つ傷(ドナー傷)ができてしまうのが怖かったんです。

当時、私は坊主頭でしたので、

ドナー傷が目立つと坊主にみできなくなる。

それが心配でした。

その心配は杞憂に終わりました。

手術直後は幹部を剃るのでドナー傷が目立って見えましたが、

1年もしたら6ミリ坊主でもわからないくらいでした。

よーく観ると、1本線がうっすらと見えるレベルです。

今、担当してもらってる美容師さんでも、

ドナー傷には気が付かなかったと言ってましたよ。

散々、ドナー傷が目立たないか心配してましたが、後に多発性の円形脱毛になりました。

ドナー採取した箇所や、後頭部に大きな円形ハゲができても、坊主にしてた時期がありましたから、
ドナー傷なんて大したことなかったんですけどね。


円形ハゲの大きさに比べたら、植毛のドナー傷なんて糞みたいなもんです。
(ちゃとした医師が手術した場合)

ドナー傷とか発毛率は執刀医の腕にも左右されますので、

難しいところです。

下手くそな医師に手術をお願いしたら、とんでもない目に合う可能性もあります。

プロペシアやザガーロのように、薬でのAGA治療に名医は必要ありません。

AGA治療は医師が治すのではなく、薬が治すわけですから。

Dクリニックの小林院長や、湘南美容外科の総院長が処方するプロペシアと、

医者になりたての研修医が処方するプロペシア、

効果、結果は同じです。

経験があろうが、なかろうが 関係ありません。

しかし、植毛手術は別です。

医師の腕がすべて。

これが薬物療法と違うところ。

採取できる毛には限りがありますから、

やり直しはできません。

だから、植毛は医師選びが大事なんです。

自宅から近いから、安いから、とかの理由で、医師を選んではいけませんよ。

医師の経験や口コミ、情報などをを収集して、

慎重に決めた方が良いです。

個人的には、ヨコ美クリニックの今川先生、メモリアルクリニックの長井先生、

この2人がお勧めかな。経験とか実績を考慮して。
(あくまでも、医師は自己責任で選んでください!)

他にもたくさん
腕の良い植毛医がいるとは思いますけどね。

植毛手術を検討してる方。

ドナー傷の心配はそこまでしなくても大丈夫!

発毛率も経験豊富の医師なら問題なし。

問題は費用、休みが取れるかどうか。

生え際、M字には植毛手術がベストだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました