AGA治療、いくらまで払うべき?

AGA
スポンサーリンク

ハゲ・・・

AGA治療は自費診療なので、

治療費(薬代)は割高になってしまうのがツライところです。

過去記事

でも書きましたが、日本皮膚科学会がエビデンスがあり、

行うよう勧められる治療はとしているのは、

フィナステリド

デュタステリド

外用ミノキシジル(リアップ等)

の3つです。

植毛手術もありますが、高額ですし、

ダウンタイムがあるのが難点。

ですので、第一候補はフィナステリドで間違いありません。

ハゲの原因を抑える治療、

守りの治療です。これがAGA治療では一番大事でしょう。

いかに初期ハゲの段階で守りの治療をスタートするかが、

これからの長いAGA人生の運命を決めるといっても過言ではありません。

このフィナステリド、

ジェネリック薬なら湘南美容外科を初め、

新宿イーストクリニックや、ユナイテッドクリニックのような

駅前でED治療を行ってるクリニックで診察料込で3000円~4000円くらいで済むと思います。

ミノキシジルもジェネリックなら

楽天などの通販で4000円前後からあるみたいです。

ミノキ+フィナで8000円くらい、

年間10万円くらいが、

AGA治療の適正価格だと思います。

個人輸入で安くまとめ買いする方法も否定はしませんが、

口の中に入れるフィナステリド、デュタステリドはクリニック処方がベストです。

外用のミノキシジルなら、個人輸入で安く手に入れるのもアリかと思います。

でも、自分なら楽天とかAGAクリニックで安いのを買います。

今はコロン禍で、AGAクリニックもオンライン診療をやってるところもあるみたいですから、

あえてリスクを冒して個人輸入をするのはどうかと思いますね。

コスパ最強なのはたしかなんですが、私、個人としてはお勧めできないですね。

ということで、AGA治療費は、

フィナステリド単体で行く初期ハゲの人なら4000円くらい、

フィナミノキの人なら8000円~10000円くらいが

AGA治療に掛けていい金額だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました